WORKS

施工事例
海鮮居酒屋

一六水産食堂

海鮮メイン 居酒屋

物件情報

名称 一六水産食堂
所在地 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-8 知多屋名塩ビル 6F
業務内容 きときと様が新業態として立ち上げた店舗。
新潟佐渡島の自社漁師より毎日届く新鮮な魚介を提供する。
木目を基調とした店内は漁港・漁船をイメージしており明るい店内に、
元気な声が響く。
竣工 2015年04月

ビルの6Fにある店舗で、
エレベーターを上がり入店すると新潟の名産品が目の前に並んでいます。

木目を基調とした明るい店内で、落ち着いた雰囲気です。

当社はこのお店の厨房工事を担当させたいただきました。

カウンターから「見せる」厨房で、
目の前に漁り火のような照明がぶら下がっています。


カウンターの目の前で魚を捌くため実際の調理風景が見え、
魚の新鮮さが伝わってきます。

お客様から見えてしまうため、
座った時の目線の高さが、
散らかった印象にならないように気をつけ設計しました。

料理の種類も多く、
その日提供する魚によってベストな皿をチョイスするため、食器の量が多くなりがちな厨房内。

また、材料から仕入れ、仕込から調理、盛り付けまでを店舗内で全て行うため広い作業スペースが必要になります。

この二つを両立するため今回工夫したのが、
中央に二つの大きな島を作り、その上に天井から吊った戸棚を設置し、
広い作業スペースと大容量の収納を可能にしました。

火元・カウンターから見えるラインだけでなく、
厨房全体の見通しがよく、

実際よりもかなり広く見えます。

火元のラインです。

作業スペースを大きく確保するため、火元を一箇所に集中しました。

デッドスペースが出来てしまいがちなL型のラインですが、
角に仕込みで使う蒸し器を置くことで無駄なく利用しました。

隣にある、仕込ではあまり使わない魚を焼くための赤外線グリラーとの
時間帯の使い分けが出来ています。

カウンターのすぐ正面にある舟形シンクです。

この日は大きな鰤が1匹準備されておりました。

カウンターに座ると目の前で捌いてくれるので迫力があり、食欲がそそられますね!

厨房/店舗設備の設計・施工についてのお問い合わせはこちら

三岳工業株式会社
名古屋オフィス TEL 052-401-2681
東京オフィス TEL 03-6427-7112